バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションの掃除

毎年2月〜3月は、サラリーマンの引越しシーズンですが、そのスケジュールに合わせ、マンションの掃除を請け負っている会社は、大変に忙しいのが、この時期です。
以前は、採用確立の高い就職情報誌に、短期アルバイトの募集をかけておりましたが、年々応募が少なくなり、アルバイトを見つけるのが至難の業だったそうです。
現在は、2ヶ月の短期アルバイトの募集を停止し、1年を通して雇用する事に、仕事が忙しい時は残業もあり、暇な時期は、週1日〜2日でも良いと了承をもらっての雇用に変更したのです。
そうしますと、思った以上の面接希望者があり、毎年頭を痛めてた雇用確保問題は改善され、アルバイトの人数が揃ってると、仕事も捗り、営業にも回れた結果、請負先も増え、万時上手くいっているとの事です。
雇用の方法を変更しただけで、上手くいったのは偶然かもしれませんが、人数の居る事で作られる心の余裕は、雇用主の仕事への意欲が高まり、起きた結果かも。
この仕事は、その部屋の汚れ具合にも因りますが、平均して、1部屋を2〜3人が担当し、大体1日〜2日で終えます。
一人暮らしの男性でガスを使用しない方の部屋は、1日2人体制、ご家族で住み、子供さんが何名かいらっしゃった場合は、1日3人体制と、その部屋の借主によって、臨機応変に対処しております。
中には、必要ないからと、家具を置いて行ったり、電気製品をそのままに…などの方もいらっしゃり、その後始末に大家さんが嘆かれる場合も、よく見かけます。
自分の持ち物には、責任を持つ姿勢が必要ですね。

最近の急上昇ワードアルバイトの参考になるネタは情報量が多いこのサイトをブックマークしましょう

  • 關於車險、在這次發生了車禍事故以後得到了很多教訓。