バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師のバイト

美容師の卵は大変です。
勤める美容室がお休みの日は、別の美容室にアルバイトに出かけ、シャンプー、掃除、カット、パーマの練習をさせてもらってる、勉強熱心な卵さんが多いようです。
美容師は、センスと経験がものを言う世界だと聞きます。
センスのない人は、どんなに頑張っても、何年も目が出ない人も居るんだそうです。
反対に、センスの良い人は、短期間で店長、オーナーへの大きく開けた道が待っております。
センスって何を持って?
と思いますよね。
センスは、お客さまの好み、なりたい髪形を瞬時に判断し、お客さまの頭の形に合わせたカットができる人が、センスを持ってる人だと思います。
お客さまが髪をカット、パーマをかけて満足して帰ってもらう事。
これは、美容室の永遠のテーマですね。
ただただ、イケメン美容師だから、キレイなタレントに似てる美容師だから、だけの理由では、お客さまはいつか離れていきます。
人気があって予約待ちの美容師は、やはり、卵時代から、人一倍、勉強熱心だったようです。
師匠に教えてもらった自分のマイナス面は、その場で素直に受け入れる。
この素直さが大事で、受け入れる強さがないと美容師としては、半人前の仕事しかできないのだそうです。
苦手意識を作ってしまうと、ずっと苦手が続き、克服できなくなり、その克服できない事が続くと、半人前の仕事しかできなくなり、そんな自分がイヤになり、結局辞めてしまう。
カッコいいからなりたい。
だけでは、通用しない厳しい世界でもありますね。