バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダブルワークの基本

シングルママで、2人の子供を育てる友人が居りますが、この友人はパワフルです。
母子手当ても支給されながらですが、実家に頼らず、文字通り、一人での子育てです。
もちろん、正規の仕事に加え、アルバイトもするダブルワークは、当たり前の生活となっております。
子供が小さい頃は保育園に預け、上の子供が小学校に上がったら、上の子供に弟の面倒を見させ、土曜、日曜も休む暇なく仕事してきました。
幸せな事に、彼女は、恵まれた体格に体力もあり、学生時代のクラブ活動で培った強い精神力、その上、忍耐強さも持っております。
離婚は、自分の勝手な考えで起こした事なので、誰にも迷惑をかけない、それが彼女の生き方です。
不器用と言えば、不器用な生き方ですが、今時、珍しいくらい強い責任感の持ち主でもあります。
昨今、流行のように、毎日のニュースで、ネグレスト、幼児虐待の事件を知りますが、子供を育てる能力、経済力のない人が、簡単に子供を作り、何も考えずに簡単に産み、育てようとします。
が、己自身の幼稚さから、思うようにならなくなると、自分勝手な感情で、子供に手を上げ、その行為が段々とエスカレートし、自制が利かなくなり、虐待の道に…後悔しても遅い結果が待っている、これが事件となり、初めて自身の罪を理解する。
自制心の弱い方、少しでも親になる自信のない方は、親にはならない方が無難です。
彼女のように、シングルでも、子育てには手を抜きません。
子供は毎日、親の日常生活をまっすぐな目で見ておりますので、そのまっすぐな目を持つ子供に、常識を持って応え、良い悪いの判断を教える能力が、最低限必要だと思いませんか。