バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

労働組合の在り方

労働組合を辞書で調べましたら、雇用環境の向上を図り、企業側、雇用側共通の要求に基づき、賃金労働者が自発的に団結した組織団体と書かれてあります。
略して、組合、ユニオンとも呼ばれ、この労働組合の結成には、認証、許可、届出は必要ないとされてます。
世間一般の労働組合は、組合と企業間に距離があり、個人情報、悩み、相談、訴えに関して、ある程度守られるものがあると思いますが、私が以前勤務した企業の労働組合は、会社内の人間が組合に出向し、運営しておりましたので、悩み、相談を申し立てても、すぐ会社本部に届き、訴えた事を上司から注意される、御粗末な始末でした。
例えば、ある取締役からパワーハラスメントを度々受け、その理不尽な振る舞いと、取締役としての傲慢を押し出し、自己勝手な威圧的な言動、アルバイト、パートの方にまでの罵倒に、被害者数名と一緒に、組合に訴えたのですが、この訴えは、いつの間にか却下され、上司には、今後二度としないようにとキツイ注意を受ける結果となったのです。
結果、この不甲斐ない処置に、勤務してる会社への不満を残したまま、被害者は全て退社の道を選んだのです。
労働組合の在り方は、企業毎に違うと思いますが、会社寄りの組合は、働き手をなくすばかりの会社になると思いますが…。
最近、この企業の本部もようやく離職率の高さに、焦りを感じたのか、人材確保に力を入れているそうです。
募集をかけてもかけても、応募が全くないのは、企業としては、一番避けたい事ですものね。