バイトだけで生きて行くための心得〜仕事選びとスケジュール管理〜

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

将来のために

就職活動が巧くいかず、就職浪人して、資格を取得するため、日々のアルバイトを頑張っている人もよく見かけます。
採用する企業が大幅に減っている今、自分の希望する企業への就職はかなり困難です。
思い悩んだ結果、希望職種ではない職種への資格を取得し、その資格を生かせる現場への就職に変更する学生もおります。
その勇気と決断も素晴らしいですが、ご両親の理解も素晴らしいと思います。
大学を卒業し、大学院へは進まず、専門学校へ行き直す生徒も多いと聞きますが、その莫大な教育費は、結局、親に負担が掛かってくる必要経費になります。
その上、大学を卒業した子供が実家に戻り、親元に住んでいれば、光熱費、食費は全て親が負担ですから、親の負担は増すばかりです。
子供の自己負担は、自分の持ち物、携帯電話代くらいですから、勉強しながらのアルバイトでも賄えますものね。
大学生の就職率94パーセントと言いますが、満足な就職でない学生もおりますので、この94パーセントの数字が高いとは思いません。
全ての学生の就職が上手くいくようにと願いますが、消費税が上がる話が出ており、今後の教育費、食費、住居費他、毎日の生活を圧迫する可能性が高くなります。
結果、節約を心がける家庭が増え、経済が回らなくなり、結局、不景気の上に、また不景気が待っている気がしませんか。
今後の生活を考慮すれば、医療の世界で仕事する事?
正社員になる一番早い近道は、医療の現場への就職しか、残されてないのでしょうか。